運動能力向上

充分な酸素供給のもとにトレーニングを続けると「ミトコンドリア」は増えてさらに「ATP」合成が高まります。 ATPは 1.筋肉を動かすエネルギー源 2.神経伝達物質の合成 3.細胞の合成(特に筋肉や脳神経細胞に多い) など … Read More

免疫力向上

平均体温が1°C下がると免疫力は37%下がり、1°C上がると60%活性化するといわれます。 体温の維持には「ATP」が使われます。 また、リンパ球がウィルスや細菌を殺したり、NK細胞がガン細胞を攻撃するのにも「ミトコンド … Read More

美容・美肌効果も期待できます

皮膚は酸素が行き届きにくく、しみ、しわなど老化しやすい部位ですが、 溶解型酸素は分子が小さく抹消の毛細血管も通ります。 酸素が行き渡ると新陳代謝が活発になるので美肌効果が期待できます。

ダイエット

基礎代謝とは寝ている間にも脳、心臓、呼吸器、消化器を動かしたり、細胞の合成、体温維持などに使われるエネルギー消費のことですが、全てATP (アデノシン三リン酸)を使って行なわれます。ですから酸素が不足すれば、 基礎代謝が … Read More

睡眠不足の解消

酸素が脳神経細胞に十分に行き渡ると、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を促す神経伝達物質の「セロトニン」の合成が高まり、ぐっすりと眠れます。(約3倍の睡眠時間に相当すると言われます)

集中力、やる気UP

脳だけで20〜25%の酸素を消費します。脳神経細胞での神経伝達物質合成にはそれだけのATPが必要になります。 ですから酸素が不足すれば眠気や無気力感に襲われ、充分であれば仕事や勉強の効率が上がります。

疲労回復

酸素が不足するとミトコンドリア内のクエン酸回路に疲労物質である乳酸が溜まり動けなくなりますが、酸素供給が充分あれば、逆に乳酸を燃焼させてエネルギーに変えられます。

ケガの早期回復

ベッカムがワールドカップの1ヶ月前に骨折し、酸素カプセルで間に合わせたことで有名になりましたが、それは「骨芽細胞」や骨の原料であるコラーゲンを作り出す「線維芽細胞」を作るエネルギー源が「ATP」である為だと思われます。 … Read More

アンチエイジング

老化とは、体の細胞の減少とその機能の低下のことです。 例えば、 ・「脳細胞」の減少と機能低下→認知症、運動能力低下 ・「骨芽細胞」の減少と機能低下→骨粗鬆症 ・「線維芽細胞」(コラーゲンを造る)減少と機能低下→皮膚のしわ … Read More

コリの解消

強い運動や姿勢の悪さによる筋肉の硬直、ストレスによる交感神経優位 →血管収縮による血行不良 これらは筋肉細胞への酸素供給不足を招き乳酸を発生させることにより、さらに筋肉の持続的収縮(=コリ)を引き起こします。 それがまた … Read More